医療の公共性と非営利性の理念のもとに情報発信をしています。

お問い合わせはこちらから 078-351-1410

神戸市医師会について

  1. ホーム
  2. 神戸市医師会について
  3. 会長挨拶

会長挨拶

神戸市医師会ホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

神戸市医師会は神戸市内9区のほとんどの医療機関が加入し、開業医と勤務医合わせて約2,700名の会員で構成されています。神戸大学医学部附属病院の医師は神戸大学医師会に所属しています。神戸市医師会は昭和31年に区医師会を統合する形で設立され、平成28年に設立60周年の記念事業を行いました。現在の医師会館は昭和56年に建てられ、JR神戸駅近くの湊川神社西側にあります。

神戸市医師会は、会員がそれぞれの医療機関で良質な医療を患者さんに提供できるようサポートしています。さらに神戸市民の健康増進と疾病予防のため、神戸市と協力して、保健・医療・福祉の分野で数々の事業を推進しています。

保健所では、4か月、1歳6か月、3歳児健診を神戸市医師会の小児科医が行っています。幼稚園や学校では、園医や学校医が健康診断を行っています。会員の医療機関では、各種の予防接種を行っています。

小児救急に対応するため、西区学園都市駅近くで小児科休日急病診療所を運営し、また中央区HAT神戸では365日、24時間対応の神戸こども初期急病センターを、神戸市、神戸大学と共に運営しています。 一般医療機関が閉まっている夜間や休日には一次救急の対応として、各診療科の医師会員が交替で急病診療所で診療にあたっています。詳しくはトップページの休日急病診療所、休日電話相談所をクリックしてご覧ください。

医師会館内の医療センター診療所では、各種人間ドックを行っています。かかりつけ医からのご紹介があれば、胃カメラ、大腸カメラ、マンモグラフィー、骨密度検査等も行っています。

高齢者をはじめとして通院が徐々に困難となり、家庭での治療が必要となってくる患者さんが増えていますが、この在宅での医療に十分対応できる医師会員を増やし、レベルアップを図るための講習会等を定期開催し、今まで以上に神戸地域の在宅医療を充実させるようにしています。

また高齢者が安心して生活ができるようにと介護保険制度があります。この介護保険を利用する場合、介護度の判定が必要となります。その判定を行う要介護認定審査会には神戸市医師会員の多数の医師が委員として協力しています。

平成28年に神戸で開催されたG7世界保健大臣会合での神戸宣言に基づいて、この4月に「認知症にやさしいまちづくり条例」が政令市として初めて制定施行されました。新たな事故救済制度の他、これまで以上に神戸市が強力に進めていく認知症対策事業にも神戸市医師会は協力しています。

また西区において看護師養成のための看護専門学校を運営しています。

阪神淡路大震災から20年以上経過しましたが、災害時にまず求められるのは医療であるとの考えのもと、近い将来に発生が予想される南海トラフ巨大地震等への災害医療対策において繰り返しの訓練を行い、対策を強化しています。全国の政令指定都市の医師会と災害時相互支援の協定を締結するとともに、神戸市や各種関連団体と連携して対応し、特に要援護者対策を強化しています。新型インフルエンザ、新興感染症等への危機管理対策を万全の準備のもとに充実を図り、非常事態に備えています。

市民のみなさんに少しでも健康に関する知識を深めていただく目的で、市民健康大学を開催しています。平成29年度からは従来の木曜日開催より土曜日開催に変更し、若い世代の市民の受講をし易くしています。

震災に備えるための「震災フォーラム」や、高齢化社会における「豊かな老いを求めて」をメインテーマとしたシリーズの市民フォーラムも認知症問題等を取り上げて開催しております。このような情報を市民の皆様にお伝えするため、この神戸市医師会ホームページを公開するとともに、広報誌「健康と笑顔」も発刊しています。

最後にお願いですが、何でも気軽に相談が出来る「かかりつけ医」を是非持って下さい。現在「かかりつけ医」をお持ちでない方は、このホームページ内の市内医療機関検索のコーナーをご利用下さるか、各区医師会まで気軽にご相談して下さい。

神戸市医師会は、医師の専門家集団として、引き続き神戸市民の皆様の健康を守っていくことをお約束いたします。

30年4月 会長  置塩 隆